第三回 早朝野球大会 朝活CUP2015

「朝活CUP 2015」一回戦試合結果

7月8日(水)

マッスルビースト vs 漢塾 桜球場
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
マッスルビースト  0
漢塾  3
※大会ルールにより【漢塾】の不戦勝
バッカス vs ENERSANS 日の丸球場
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
ENERSANS  0 0 0 1 2 3
バッカス  8 0 4 8 x 20
勝利投手
◯山本、S齋藤
MVP
永田優
連打連打の猛攻により勝利!
BlockHeads vs DIME野球部 大銀杏球場
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
DIME野球部  2 2 0 3 7
BlockHeads  1 0 2 0 3
勝利投手
◯大森 - 渡邊
MVP
岡本
初回に先制できた事、守りも最小失点で切り抜けられたことで流れに乗れました!
我々は公式戦初参加のチームなのでチャレンジャースピリットを忘れずに1戦必勝で戦っていきます。
ロリーポップ vs マイヤーズ ヒマラヤ球場
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
ロリーポップ  0 0 1 1 0 2
マイヤーズ  1 0 0 0 2x 3
ベースボールパーク vs BREAVES ケヤキ球場
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
ベースボールパーク  3 0 0 1 1 0 5
BREAVES  0 0 2 1 1 0 4
勝利投手
◯和田-小倉
MVP
船田
白熱した試合でした!!

7月15日(水) ※7/10雨天順延日

TOKYO SOFT PUNKS vs ネオスターズ 桜球場
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
ネオスターズ  0 0 0 0 0 0 0 0
TOKYO SOFT PUNKS  2 8 7 8 X 0 0 25
勝利投手
土田
MVP
鹿嶋 淳也
13安打6ホームランで25得点
バイソン vs ミズノTC野球部 日の丸球場
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
ミズノTC野球部  1 0 1 0 2 0 0 4
バイソン  2 0 4 7 X 0 0 13
勝利投手
伊東
MVP
高村雄一朗
朝活CUP初戦、バイソンがミズノTC野球部に13-4で勝利した。

初回、ミズノに先制を許すがその裏のバイソンの攻撃、
先頭松本、高橋が出塁、盗塁等で1死二・三塁とし、
四番高村が2点タイムリーを放ち逆転に成功。

2回に追いつかれるが、3回の攻撃では先頭高橋がソロHRを放つと、
高村、中井、松澤の連続安打で無死満塁とし、続く関の走者一掃タイムリー3ベースで3点を追加し、4得点。

4回、1死から中井の3塁打から続く松澤が2ランHR。
さらに2死一・二塁から代打古谷の打球を相手がエラーし一人生還。
さらに松嶋の3ランHR、続く高橋のソロHRで、この回合計7得点で勝負を決めた。

先発伊東は4失点ながら粘りの投球を見せ、完投勝利をおさめた。
冷奴 vs 森永製菓ウィダー野球部 大銀杏球場
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
冷奴  6 7 0 0 0 0 0 13
森永製菓ウィダー野球部  0 0 0 1 0 0 0 1
勝利投手
小野
MVP
岩本拓魔
二刀流の始祖を自称する男が早朝のグラウンドで躍動した。失投を逃さずに捉えた打球が広大な外野へと発射される。ダイヤモンドを駆け抜けた天才・岩本拓魔は喜びを隠そうともしない。「冥王星めがけて打った」瞳に浮かぶ自信に満ち溢れた光がそれがブラフなどではないと語っている。そこに「結果」にこだわるあまり自らを見失っていたかつての姿はない。この日は9番三塁で先発出場も「ランク落ち」と揶揄された。返す言葉もなく唇を噛み締めて活躍を誓った。しかし1打席目は相手投手の球威に押され三振。当代きっての楽天家もこれには猛省しきりだった。「完全な負け。でもあれで目が覚めた」覚醒した孤高の才能がこの夏の主役に名乗りを上げた。
FUBIC vs 綿半四谷野球クラブ ヒマラヤ球場
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
FUBIC  3 0 0 4 0 0 0 7
綿半四谷野球クラブ  7 0 0 0 1 0 0 8
麻布スターズ vs garage Z1 ケヤキ球場
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
麻布スターズ  4 6 0 0 10
garage Z1  0 0 0 0 0
勝利投手
○田頭
MVP
岩崎
初戦でしたが良い試合でした。

7月17日(金) 7月24日(金)※順延日

元電JAPAN vs レッドホットペンギンズ 桜球場
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
元電JAPAN  0
レッドホットペンギンズ  3
元電JAPAN試合実施不可の為、レッドホットペンギンズの不戦勝となりました。
ヤオヨロズ vs アライドアーキテクツ 日の丸球場
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
アライドアーキテクツ  0 0 0 0 0 0
ヤオヨロズ  4 4 2 9 X 19
勝利投手
澤村
MVP
志賀 健悟
志賀の2ホーマーや先発全員出塁など打線が爆発し19得点!投げては澤村が尻上がりに調子があがって無失点ピッチング!
次の試合もこの調子で勝ち上がりたい!
ユニバース vs Gauloises 大銀杏球場
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
Gauloises  0 0 3 0 0 3
ユニバース  1 0 2 4 3X 10
勝利投手
淵本
MVP
山内健資
初回、先発の淵本は2つの三振を奪うなど危なげなく抑える。

その裏ユニバースの攻撃は、3番小黒のタイムリーで1点先制。

3回表の相手の攻撃では味方のミスが絡み3点奪われリードされるが、
その裏すぐに松本と櫻井のソロホームランで追いつき、4回裏の攻撃では相手のエラーとフォアボールで満塁とし、ここで先日散髪代をケチり引退した高校球児のような髪型になってしまったユニバースの秘密兵器山内を代打に送る。心も高校球児のように熱く、小学生相手でも手を抜かずホームランを打ってしまう山内は、この熱い場面でも値千金の満塁ホームランを放つ。

5回裏、連打などで追加点を奪い、サヨナラコールドで試合を締めた。
中目黒パンチ vs 河村カープ ヒマラヤ球場
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
河村カープ  1 0 0 0 0 1
中目黒パンチ  0 1 0 0 0 1
勝利投手
大前
MVP
上岡
白熱した投手戦。
大会規定に基づきジャンケンでの勝利となりました。
Achievers vs Underground Demons ケヤキ球場
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
Achievers  3
Underground Demons  0
※大会ルールにより【Achievers】の不戦勝

7月22日(水)

バットボーイズ vs ブラザーズ 大銀杏球場
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
バットボーイズ  1 0 3 0 1 0 5
ブラザーズ  1 0 0 4 0 1 6
勝利投手
○川村-佐藤
MVP
川村
同店で迎えた最終回の攻撃、サードランナー川村の偽装スタートに、相手投手があせってしまい、サヨナラボークであっけない幕切れ。(^_^;)
1回戦から冷や冷やの試合でしたが、このまま優勝目指して頑張ります♪
主催ミズノ

情報投稿・ご意見・お問合せは草野球オンライン事務局まで

草野球オンライン 公式ツイッター