「朝活CUP 2017」試合結果

7月31日(月)

クーニンズ vs 冷奴 @桜
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
クーニンズ 1 1 2 4
冷奴 0 0 1 1
TOKYO SOFT PUNKS vs 越川〜ず @日の丸
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
TOKYO SOFT PUNKS 0 8 0 0 0 8
越川〜ず 0 0 0 1 1 2
勝利投手
木場
MVP
木場、萩原
初回から安定した立ち上がりを見せる両チーム。しかし、試合が動いたのは2回だった。 先頭のタカシがセンター前のヒットで出塁すると、平野は四球を選びノーアウト1,2塁のチャンスで、5番木場がセンター前にタイムリーを放ち先制した。後続もエラーやタイムリー、萩原のツーランホームランなど、この回8点を奪い試合を決めた。安定したピッチング見せる木場は5回を3安打2失点の好投をみせ、念願だった神宮スタジアムの切符を手にした。

7月24日(月)

クーニンズ vs 中目黒パンチ @ヒマラヤ
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
クーニンズ 0 0 2 2 1 5
中目黒パンチ 0 0 0 0 1 1
矢野テクノポリス vs 冷奴 @桜
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
矢野テクノポリス 0 1 0 0 0 0 1
冷奴 2 0 1 1 2 × 6
序盤から冷奴が2番小島のHRをはじめとする長打攻勢で押し切った.矢野テクノポリスは得点圏までランナーを進めるも,冷奴 津布久の好守もあり,反撃は1点止まりとなった.
BISON vs TOKYO SOFT PUNKS @ケヤキ
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
BISON 0 0 0 1 2 3
TOKYO SOFT PUNKS 0 5 0 1 × 6
しなよん野球部 vs 越川〜ず @日の丸
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
しなよん野球部 0 0 0 2 0 2
越川〜ず 1 7 1 0 × 9
勝利投手
吉井
MVP
平子
よく打ちました。

7月11日(火)

globaljuhan vs 中目黒パンチ @ヒマラヤ
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
globaljuhan 0 0 0 0 0 0
中目黒パンチ 1 0 1 3 × 5
勝利投手
米野
MVP
米野
レッドホットペンギンズ vs しなよん野球部 @日の丸
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
レッドホットペンギンズ 0 2 0 0 0 2
しなよん野球部 10 0 3 4 × 17
勝利投手
梁瀬
MVP
山次
しなよん野球部は初回から打者一巡の攻撃で二桁得点。投げては梁瀬、川上の継投で2失点に抑えられた事が勝因。 レフトの山次は2安打且つダメ押しのホームラーンで勝利に貢献。

7月7日(金)

クーニンズ vs 読売ジャイアン @桜
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
クーニンズ 3 3 2 0 8
読売ジャイアン 0 1 0 2 3
勝利投手
宮川
マッキーさんがホームランを含め大活躍! 潤さんも素晴らしいピッチング! MVPマッキーさん
河村カープ vs globaljuhan @日の丸
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
河村カープ 1 0 2 0 3
globaljuhan 0 11 1 × 12
勝利投手
大野
MVP
中島
打たない選手が打つと勝てる。 守備の乱れだけ気をつけて次回につなげたい。 河村カープ様ありがとうございました。 また是非宜しくお願い致します。

7月3日(月)

naturalnine vs 中目黒パンチ @桜
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
naturalnine 0 0 0 0 0 0
中目黒パンチ 0 0 2 5 × 7
勝利投手
米野
MVP
米野
FUBIC vs 綿半Holiday9 @ヒマラヤ
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
FUBIC 0 5 0 0 0 6 11
綿半Holiday9 0 1 0 0 0 1 2
勝利投手
五味

6月26日(月)

muscle beast vs BISON @ヒマラヤ
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
muscle beast 3 0 0 0 0 3
BISON 2 5 6 2 × 15
勝利投手
中井
MVP
中井
初回に3点を先制されるが、 その裏すぐに中井のタイムリー3ベースと相手のエラーで2点を返し1点差とする。 続く2回、先頭高橋の四球などで1死一塁とし、 森本のタイムリー、松嶋、高村の連続押し出し四球、中井の2点タイムリーによる5得点で逆転。 3回には、松嶋、高村の連続押し出し四球、中井の犠飛、渡邊の3ランHRで6点を追加。 最終4回にも、松嶋の2点タイムリーで2点を追加し、 15-3でバイソンが圧勝した。 先発中井は、初回に3点を失ったがその後無失点に抑え、 毎回の7つの三振を奪うなど81球で完投勝利となった。
冷奴 vs スーパークリティカル @ケヤキ
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
冷奴 1 5 0 0 0 0 6
スーパークリティカル 0 0 0 0 0 1 1
勝利投手
平川
MVP
平川
1回表から打線が繋がり、2回までに6点を挙げた。3回以降は打線が沈黙したが、先発の平川が2試合連続完璧な投球を見せ、勝利した。
TOKYO SOFT PUNKS vs シンプレクス @日の丸
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
TOKYO SOFT PUNKS 1 1 0 2 4 8
シンプレクス 0 0 2 3 2 7
勝利投手
木場
MVP
木場
初回、タカシのタイムリーで1点を先制するとつづく2回もリョウのセンタ前タイムリーで1点を追加した。 先発の木場は1,2回を完璧に抑えていたが、3回に連打を浴びてしまい同点に追いつれかる。 4回の攻撃、先頭のシュンスケが出塁するとエラー絡みなどでノーアウト満塁のチャンス。ここで木場がセンター前にはじき返し勝ち越し。この回もう1点を追加した。 このままリズムに乗りたい木場だったが、相手打線がそうはさせてくれなかった。その裏、エラーが重なりノーアウト2,3塁のピンチを背負うとパスボールと2連打を浴びついに逆転。万事休すかと思われたが、気持ちは誰ひとりとして諦めてはいなかった。最終回、先頭のタカシがエラーで出塁すると、つづく青野は四球を選びチャンスを作る。この好機に鹿島、リョウ、萩原がタイムリーを放ちこの回4点を入れ逆転に成功。あとは最終回の守りだけだった、、。 先頭打者にツーベースを許すと、続く打者にも連打を浴び1点差まで追いつめられる。後続をうちとりなんとかツーアウトまで漕ぎつけたがピンチはまだ続いた。ここまでシーソーゲームを繰り広げてきたが、最後の打者を渾身のストレートで打ち取りゲームセット。みんなの気持ちで手にした重みのある1勝だった。
Division1 3勝 (1位通過)
【お立ち台】ピッチャー木場
矢野テクノポリス vs 新宿ボッターズ @桜
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
矢野テクノポリス 3 0 4 0 0 7
新宿ボッターズ 0 0 1 0 2 3
勝利投手
片岡

6月23日(金)

麻布スターズ vs BlockHeads @ヒマラヤ
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
麻布スターズ 0 0 0 0 0 1 1
BlockHeads 0 1 0 1 0 × 2
勝利投手
桝谷
MVP
桝谷
2回に芹澤のタイムリー2塁打で先制、4回に野村のソロホームランで追加点。しかし、毎回のようにチャンスを作るものの、あと1本が出ない重苦しい展開。 そんな中、先発の桝谷が粘りのピッチング!!最終回こそ相手打線につかまり1点を許したが、終始気持ちのこもったピッチングで見事な完投勝利。グループリーグ最終戦を勝利で飾ることができた。
河村カープ vs natural nine @日の丸
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
河村カープ 3 0 0 2 0 5
natural nine 1 0 0 0 0 1
勝利投手
北島
MVP
榎戸
今季、初勝利!

6月16日(金)

クーニンズ vs BlockHeads @ヒマラヤ
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
クーニンズ 0 0 0 0 2 3 5
BlockHeads 0 1 0 2 1 0 4
麻布スターズ vs 読売ジャイアン @けやき
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
麻布スターズ 4 0 0 5 2 11
読売ジャイアン 0 1 0 0 2 3
越川〜ず vs 綿半Holiday9 @桜
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
越川〜ず 3 0 1 1 1 6
綿半Holiday9 0 0 0 2 0 2
勝利投手
吉井
MVP
竹俣
相手チームすごいいいピッチャーだったけど、なんとか勝ててよかった
ミズノ vs しなよん野球部 @日の丸
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
ミズノ 2 0 1 0 0 0 3
しなよん野球部 1 1 2 1 4 × 9
勝利投手
倉田
MVP
篠原
序盤は、両チーム一進一退の攻防が続いたが、中盤からはミズノの守りのミスからの失点が多くなり、しなよん野球部のペースになる。MVP篠原の声と足を絡めた攻撃で猛打賞。彼の打撃と走塁がしなよん野球部に勢いをつけた。

6月12日(月)

冷奴 vs BISON @日の丸
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
冷奴 3 0 0 1 3 2 9
BISON 0 0 0 0 0 1 1
勝利投手
平川
MVP
平川
平川が6回被安打1に抑え、冷奴加入後、初勝利。2年前の雪辱を果たした。
muscle beast vs スーパークリティカル @ヒマラヤ
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
muscle beast 1 0 0 8 0 9
スーパークリティカル 1 1 2 0 0 4
TOKYO SOFT PUNKS vs 新宿ボッターズ @桜
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
TOKYO SOFT PUNKS 0 1 0 2 1 4
新宿ボッターズ 0 0 0 0 0 0
勝利投手
木場
MVP
木場、タカシ、青野
打線は2回にタカシのセンター前を相手選手が後逸しラッキーなカタチで先制点を取った。 先発の木場も安定したピッチングを見せていたが、3回ツーアウト満塁のピンチもキレのあるストレートで相手バッターから三振を奪い相手チームの心を折った。追加点のほしい4回、チャンスを作ったのはやっぱり頼れる4番タカシだった。サード線に鋭いあたりで2塁までいくと続く木場が燻し銀のレフト前ヒットで欲しかった追加点をもぎ取った。疲れのみえる相手ピッチャーは制球を乱しこの回もう1点追加。疲れがみえ出した木場もランナーを出すが本塁を踏ませないピッチングで4回を0に抑えた。5回の攻撃、ワンアウトから平野がライト線へのスリーベースでチャンスを作ると今日、2安打と当たってるタカシにまわった。この回から変わった相手ピッチャーのサイドから投げられるストレートでなんなく追い込まれると、最後は外角のまっすぐに空を切った。チャンスは途切れたかに思われたがこの男がチームの勝利を確信させる一本を出した。代打"青野"キレのある相手ピッチャーのストレートを綺麗にセンターへ弾き返し試合を決めた。 最終回はシュンスケがピシッと抑え朝活カップ2勝目
>>もっと詳しく見る
矢野テクノポリス vs シンプレクス @ケヤキ
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
矢野テクノポリス 2 1 1 4 2 2 12
シンプレクス 0 0 0 0 0 0 0
勝利投手
片岡

6月7日(水)

BISON vs スーパークリティカル @大銀杏
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
BISON 0 4 2 0 3 9
スーパークリティカル 0 0 0 0 0 0
勝利投手
中井
MVP
中井
2回表のバイソンの攻撃、先頭高橋、吉本の連続安打、森本の四球で無死満塁とすると、続く中井が満塁ホームランを放ち、4点を先制。 3回には先頭渡邊、高橋の連続四球などで1死二・三塁とし、 森本が2点タイムリーを放ち2点を追加。 5回にも、相手のエラー、吉本犠飛、中井犠飛で3点を追加した。 先発中井は5回を投げ被安打1、5奪三振、80球を投げ完封、 9-0でバイソンが勝利した。
冷奴 vs muscle beast @ヒマラヤ
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
冷奴 1 0 0 0 0 0 0 1
muscle beast 0 0 0 0 0 1 0 1
シンプレクス vs 新宿ボッターズ @ケヤキ
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
シンプレクス 0 0 0 0 0 0 0
新宿ボッターズ 2 1 1 1 0 × 5
勝利投手
山崎
MVP
山崎
山崎5回無失点
渡辺2試合連続HR
緊張の中、渡辺の一発でチームを和まし勢いつけたと思います。
BlockHeads vs 読売ジャイアン @日の丸
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
BlockHeads 1 1 0 1 0 0 0 3
読売ジャイアン 0 0 0 0 0 0 0 1
勝利投手
上野
MVP
久保
初回、エラーで出塁のランナーを2塁において、久保のタイムリーヒットで先制。大会初戦で少々硬くなっているチームメイトを勇気付ける、主将らしい一打だった。2回に村岡のソロホームラン、4回に相手のエラー絡みでそれぞれ加点。大事な初戦を任された先発の上野は、最終回に味方守備の乱れから1点を失ったが、相手打線を内野安打1本に抑える好投で完投勝利。ライトの芹澤、ファーストの村岡にファインプレーが出るなど、最終回を除いては堅い守備で上野を盛り立てた。
global juhan vs natural nine @桜
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
global juhan 0 0 1 0 1 2
natural nine 0 0 1 1
勝利投手
早狩
MVP
浦野
3回表にHRを浴びて先制されるも、3回裏に1番小山のタイムリーで同点に追いつく。4回裏には7番青木が勝ち越しタイムリーを放った。5回に同点に追いつかれるもその裏に3番浦野のサヨナラHRでゲームセット。 2失点熱投の早狩に打線が応えた。 naturalnine初の大会参加で最高の滑り出しとなった。
>>もっと詳しく見る

6月5日(月)

TOKYO SOFT PUNKS vs 矢野テクノポリス @ケヤキ
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
TOKYO SOFT PUNKS 1 1 1 0 1 4
矢野テクノポリス 0 0 0 0 2 2
勝利投手
平野
MVP
平野
初回、先頭の萩原がヒットで出塁すると 2,3盗を決めチャンスを作る。2番中村は凡打に倒れるも、続く平野の内野ゴロの間に萩原が生還。1点を先制した。続く2回も相手投手がコントロールに苦しみ四球でなどでチャンスメイクするも大量得点の雰囲気はあったが走塁ミスも重なり1点止まり。3回、先頭の萩原がセンター前に弾き返すと続く中村は四球を選び出塁した。萩原、中村がスチールを決め チャンスに3番平野が犠フライで1点を追加。4回も先頭の土田がヒットで出塁するもこれまた走塁ミスでこの回無得点。5回、平野に今シーズン初のHRが飛び出しさらに1点を追加した。守備の方は初回から安定したピッチングを見せた平野が再三ピンチを背負うも要所要所を抑え2失点で勝利を収めた。
>>もっと詳しく見る
クーニンズ vs 麻布スターズ @日の丸
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
クーニンズ 0 0 6 0 2 8
麻布スターズ 1 0 4 1 0 6
勝利投手
下牧
MVP
前沢力
最後打線がつながり快勝!相手チームの打力高く非常に楽しい試合でした! ありがとうございました!
河村カープ vs 中目黒パンチ @大銀杏
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
河村カープ 0 0 0 0 0 0 0
中目黒パンチ 4 3 2 0 0 × 9
勝利投手
米野
MVP
米野
越川〜ず vs FUBIC B.C @ヒマラヤ
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
越川〜ず 1 2 0 0 2 1 1 7
FUBIC 1 0 0 0 0 0 0 1
勝利投手
吉井
MVP
吉井
なんとか勝てた
レッドホットペンギンズ vs ミズノ @桜
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
ペンギンズ 0 0 0 0 0
ミズノ 2 0 6 12 20
勝利投手
澤本
MVP
杉本
エース澤本の力投に応え、強力打線が爆発。投打が噛み合い開幕戦に勝利した。
主催ミズノ

teams

ストロングリーグ

ストロングリーグ

teams

megaking2016

select9

グラブレザーコレクション

情報投稿・ご意見・お問合せは草野球オンライン事務局まで

草野球オンライン 公式ツイッター