1. home
  2. マガジン
  3. ミズノボールパークin草オン
  4. 野球工房の舞台裏 グラブ工房
  5. グラブ作りの工程を見学
  • グラブ工房
  • ミズノボールパークin草オン

ミズノインダストリー波賀(兵庫県宍粟市)のグラブ作りの工程を見学

グラブ作りの工程を見学

  • オーダー表確認
  • 革選び
  • 裁断
  • 革すき
  • 捺印
  • 刺繍
  • 調品
  • 縫い合わせ
  • 返し
  • くせ取り
  • 裏入れ
  • グリス入れ
  • 紐通し
  • 仕上げ
  • 検品・出荷

03:裁断

  • コンピューターで解析したグラブの型を自動裁断する機械

  • 型(緑のライン)に沿って自動裁断される様子

裁断によってグラブの良さをさらに引き出す

選定された皮革からオーダー内容と照らし合わせ、グラブパーツを自動裁断機で裁断していきます。

裁断機に広げられた皮革は、クラフトマンによってグラブパーツの特徴に適した部位が選ばれカットされていきます。 皮革の特徴の一例として、おなか周りの革は伸縮性があり内部のパーツとして適している、背中部分の革は繊維の流れが繊細でグラブ表面(受球面)のパーツに適しているなど、それぞれの特徴を活かしながら裁断されていきます。このように良い皮革の選定に加え、その皮革の中でもグラブパーツに適した部位が使われることになるのです。

チェックポイント

手作業での裁断も行っている

自動裁断機は1999年頃に導入されているものの、機械では対応できない部分は抜き型からの裁断や(写真左)、クラフトマンによる手作業での裁断(写真右)も行われている。

前の工程へ 野球工房の舞台裏 グラブ工房に戻る 次の工程へ

ストロングリーグ

ストロングリーグ

teams

megaking2016

select9

グラブレザーコレクション

ミズノボールパーク in 草オン

teams